ウエディングレポート

ウエディングレポート1|2016年6月|ブランシュメゾン

Kouki & Chihomi

会話を楽しむアットホームウエディング

 

Bride and Gloom Message

 

結婚式を挙げることについて、最初は2人とも具体的なイメージがなかったので、まずは見学からと思い、数か所式場見学に行くことにしました。見学前に資料を見て「素敵な雰囲気の会場だなぁ」と感じてはいましたが、実際に見学に行ってみて「ここで挙げたい!」という気持ちがほぼ固まりました。ブランシュメゾンのコンセプトを聞いて、新郎新婦にスポットライトが当たる従来の結婚式と違い、ゲストと同じ空間でゆったりと楽しめる式にできるのが私たちらしいかなと思いました。

 

ウエディングレポート6|2016年6月|ブランシュメゾン

 

ブランシュメゾンに決めてから式当日まで、じっくりと準備を進めていきました。「結婚式は決めることが多くて大変」という話を聞いたことがあったのですが、私たちはゲストとの会話をゆったり楽しむパーティーにしたかったので、準備はシンプルであまり大変と感じることもありませんでした。また、2人ともあまりこだわりがなかったので、プランナーの堀野さんに色々とアイディアを提案してもらい、イメージを膨らませていきました。

 

 

式当日には私たちもリラックスして臨むことができました。主役とは思えないほど食事や会話を楽しみました。ゲストの皆さんからも「いつの間にか時間が過ぎていてビックリした」「今までに参加したことがない式で楽しかった」という感想をもらい、ブランシュメゾンを選んで本当に良かったと感じました。式の最後にはまさかのサプライズもあり、改めて集まってくれたゲストの皆さんへの感謝や、ウエディングプランナーの堀野さんに担当してもらえたことへの感謝の気持ちが込み上げました。

 

堀野さん、ブランシュメゾンのスタッフの皆さん、一生の思い出に残る結婚式を一緒に作り上げて下さり、本当にありがとうございました。これからもブランシュメゾンからたくさんの幸せが生まれますように!

 

 

Staff Message

 

ウエディングパーティーのイメージをお話していくなかで、「ゲストとの会話や、ゆっくりお食事を楽しめる時間を過ごしたい」と、笑顔でお話くださったおふたり。何か演出を入れて、ではなく おふたりが用意したのは、“ゲストの皆さまとの同じ空間、同じ目線で自由に過ごす時間”というおもてなし。

当日は 大切なご家族やご友人に囲まれて、笑い声の絶えない、とても和やかな時間が流れていましたね。

おふたりとゲストの近い距離が、温かくてリラックスした雰囲気を創りました。

パーティーの最後には、予定はしていなかったご両家お父様からご挨拶をいただくかたちとなりました。考え作られた言葉ではなく、一日を振り返り、お父様の、いま胸に込み上げる想いを力強くお話くださり、涙する場面も。

おふたりも、ゲストの皆さまも、私たちブランシュメゾンのスタッフも会場にいた全員がひとつになった瞬間でした。

おふたりとゲストの温かい想いが たくさん詰まった、ウエディングパーティーとなりましたね。

おふたりに出逢えたこと、そして、大切な一日をお手伝いさせていただけたこと本当に嬉しく思います。

いつまでも 変わらないその笑顔で、たくさんの幸せが おふたりに降り注ぎます様に・・・。

 

ブランシュメゾン 堀野 ひかる

 

 

 


  • ブライダルフェア
  • レストラン
  • スタッフ募集

〒 064-0942
札幌市中央区伏見1-4-30

お問い合わせ

ブライダル受付時間:11:00~20:00

ブライダル:毎週水曜定休(祝日は営業)・レストラン:毎週火・木曜日の営業