ホーム > 気持ちが伝わる少人数婚の魅力 > 【ブライズメイド】結婚式の絆が深まる人気演出

気持ちが伝わる少人数婚の魅力

【ブライズメイド】結婚式の絆が深まる人気演出

花嫁とブライズメイド|ガーデンウエディング

 

絆が深まる結婚式の人気演出


近年、結婚式の実施率が減少傾向の中、実際に「結婚式を挙げない」という選択をするカップルも増えてきています。その理由の中には、経済的な理由や授かり婚という理由のほかに、

「セレモニー的な行為が嫌」

「参列したときに内輪だけで盛り上がっている感じが嫌」

という意見もあります。たしかに、新郎新婦二人だけの自己満足のような結婚式では「結婚式の魅力」は半減してしまいますよね。

そこで皆様へ質問です。自己満足で終わらない「結婚式でゲストとの絆を深めるシンプルな演出」があるのをご存知ですか?

 

あわせて読みたい:

・【挙げる?挙げない?迷っているあなたへ】結婚式から伝わる大切な想い
・【5年間で34.8%の伸び率!】結婚式で人気の演出は?

 

 

結婚式で絆を深める:「ブライズメイド」をお願いしてみよう♡


ブライズメイドとは?

ブライズメイドとは、花嫁の付添人・立会人と呼ばれ、女性で未婚の友人、姉妹にお願いするのが一般的。参列した結婚式や写真で「お揃いのドレスや小物を合わせて身に着けている女性たち」の姿を見たことはありませんか?その方々がブライズメイドです。

ブライズメイドのルーツは中世ヨーロッパにあり、海外の結婚式は日本のように式場の担当プランナーがいるわけではなく、基本的にその役割を自分たちが行います。料理の手配や会場のコーディネートなど、結婚式づくりを準備段階からサポートしていくのがブライズメイドです。

 

花嫁とブライズメイド|フォトプロップス

 

海外で古くから伝わる結婚式でのブライズメイドの役割

●挙式当日の花嫁のアテンド
(ドレスの裾を直したり、挙式の際に指輪交換でグローブやブーケを預かったり・・・など)
●結婚式の前祝いパーティの主催(バチェロレッテパーティと呼ばれます)
●結婚式の準備を一緒に進める(招待状の作成や料理の手配など)

など、このように海外の風習では、結婚式当日や準備期間に大きく関わる役割を担います。ですが日本では「お揃いのドレスや小物を合わせて身に着けて参列する」という意味でブライズメイドが定着しました

もちろん、このドレスをお揃いにすることにも意味が隠されているのです。それは、ウエディングドレスに身を包み幸せの絶頂にいる花嫁を妬む悪魔の視線をそらすため、花嫁と同じような衣装を着て惑わせたということです。

 

ウエディングプランナーがいる、日本のブライズメイドの具体的な役割とは?

結論から言いますと、日本では結婚式場に担当のウエディングプランナーが居るので、ブライズメイドには「特にルールはない」のです。

そのため、日本の結婚式の中で多いブライズメイドの役割は、結婚式の準備から密にかかわるというよりも、当日に挙式や演出に関わってもらうというものです。

ただ、その挙式が教会で厳粛に行うものなのか、自由な雰囲気の人前式なのかによっても全く変わってきますし、ブライズメイドをお願いする方の「人となりや性格」などにも考慮して役割を決めていくのが良いでしょう。

といっても、なかなか決めるといっても難しいはず。そんな時は担当のウエディングプランナーに、ブライズメイドについて相談してみましょう☆その挙式・パーティスタイルに合わせた提案を行ってくれます♪

 

合わせて読みたい【知って納得】タイプ別挙式スタイルの選び方

 

 

どうしてブライズメイドをお願いすると“絆が深まる”?


花嫁とブライズメイド|アッシャー

 

ふつうのゲストとは違うという「特別感」を演出できる

ブライズメイドをお願いされるということは、ゲストにとって「あなたは特別です」と言われているのと同じなのです。こう言われて嬉しくない人はいないですよね。ブライズメイドをお願いすることで負担を増やしたくないという方には役割を軽めにしたり、もしくはお揃いの衣装を着てもらうだけでも良いでしょう。

結婚式が新郎新婦の特別な一日というだけではなく、ブライズメイドと花嫁にとっても、絆が深まる「特別な一日」となればよりステキな記念日となるでしょう。

 

花嫁とブライズメイド|ロケーション

 

華やかな衣装や小物で「写真のクオリティ」が上がる♡

大切な記念の一日、形に残るものと言えば「写真」ですよね。その写真がより素敵に可愛らしく一体感のあるものになれば、それは一生の宝物です。
ゲストをブライズメイドとして結婚式に招き、プロのカメラマンにポージングをつけてもらいながら撮影すれば、それはブライズメイドと花嫁の心に残る「友情の原風景」になるでしょう。

 

合わせて読みたい【写真にこだわりたい!】 結婚式の前撮り☆5つの魅力

 

 

ブライズメイドQ&A


 Q.ブライズメイドの人数に制限や決まりはあるの?

人数の決まりは全くありません。2~4人ほどが多いですが、もちろん「学生時代の部活のメンバー10人に!」ということもOKです。ただ、あまり広げすぎると「誰にお願いする?」という新たな課題が生まれてしまうので、親しい4名くらいまでがオススメ。豆知識ですが、ブライズメイドの中のリーダーのことを「メイドオブオナー」と言います。

 

Q.ブライズメイドの男性版「アッシャー」は必要?

そんなことはありません。新郎側の男性の立会人のことをアッシャーと言いますが、ブライズメイドがいるからといって、かならずしもアッシャーがいなくてはならないということはありません。

ただ、アッシャーがいることによるメリットも以下のようにあるので、もし、アッシャーをお願いできる方が新郎側にいらっしゃるのであればおすすめです☆

・2次会の幹事や受付を頼みやすい
・アッシャーとブライズメイドがいるとより写真が絵になる
・アッシャーとブライズメイド同士で新たな出会いも・・・♡?  などなど

 

花嫁とブライズメイド|アッシャー

 

 

 

札幌・円山でブライズメイドのいる少人数ウエディングならブランシュメゾン☆

少人数ウエディングとブライズメイドは実は相性抜群♡絶対に来てもらいたいからこそ呼ぶゲストの方にはブライズメイドとして参列してもらい、【一生心に残るウエディング】を叶えてみてはいかがでしょうか♡

 

 

↓ブライダルフェアのご予約はコチラから☆↓

ブライダルフェア|少人数結婚式ならブランシュメゾン

 

 


  • ブライダルフェア
  • レストラン
  • スタッフ募集

〒 064-0942
札幌市中央区伏見1-4-30

お問い合わせ

ブライダル受付時間:11:00~20:00

ブライダル:毎週水曜定休(祝日は営業)・レストラン:毎週火・木曜日の営業