ホーム > 気持ちが伝わる少人数婚の魅力 > 結婚式の準備にかかる期間のホント?ウソ?

気持ちが伝わる少人数婚の魅力

結婚式の準備にかかる期間のホント?ウソ?

結婚式の準備期間|ブランシュメゾン

準備期間って?・・・実は・・・


結婚式は「準備に時間がかかるもの」と思われているカップルが大半だと思います。実際に一般的に数ヶ月をかけて準備をするというカタチが多いですが、結婚式の数ヶ月前から毎日結婚式の事を考えながら式の準備をしているのでしょうか?

 

実は・・・

 

 

一般的な準備期間は、日常生活の事も踏まえた期間


一般的に言われている「準備期間」ですが、実は日常生活、例えば仕事などをしながら準備を進めるために必要な期間で言われているのをご存知でしたでしょうか?「さあ、結婚式の準備がスタートだ!」となった途端に結婚式の準備に追われる毎日になるワケではないのです。一般的な例ですと、月〜金までは仕事、土・日が休みの方の場合、土・日どちらかでの打合せ、または平日の夜に打合せを行い進めていきます。ですので、準備期間がとれないという事はほとんどありません。

 

また、共働きのカップルの場合でふたりのスケジュールが合わない場合でも、片方が打合せに行き、次回の打合せまでに空いた時間を使いながら自宅で相談をするという方法もあります。担当をしてくれるウエディングプランナーにも予めふたり揃って打合せができる機会が少ない事や、普段なかなか忙しくて準備ができるか不安であれば予め伝えておくことでふたりに合った進め方で打合せを進めてくれるので安心です。

 

 

準備期間をフルに使って準備をするケース


中には準備期間を最大限フルに使って準備を進めているカップルもいます。そういったおふたりは、式やパーティに対する強い拘りや、会場のディスプレイなどにふたりらしさを出すために例えば手作りのウェルカムボードを作ってみたり、案内状をオリジナルで、プロフィール映像を手作りで、というケースもあります。

 

こういったカップルの場合は、とことん準備に時間をかけます。

 

 

準備期間の忙しさは叶えたい結婚式によって変わる


準備期間については、「ふたりがつくりたい、叶えたい結婚式によって変わる」というのが正解です。ただ、準備期間にゆとりがあるからといって結婚式が良くないというワケではなく、シンプルな結婚式(※少人数の結婚式でも目にします。)を望まれているカップルの場合、必然的にゆとりのある準備期間になると思いますので安心してくださいね。

 

 

 

ブライダルフェアは式場の見学だけではない


ブライダルフェア=式場の見学というイメージが最初にくる印象がありますが、結婚式全般に関する相談ができるので、式を挙げる?挙げない?や、準備期間についての相談に対してプロのプランナーが回答してくれるので参考にしながら彼と相談するのもおすすめです。

 

 

 

 

 

ブライダルフェア|少人数結婚式ならブランシュメゾン

 

 

 

札幌で少人数の結婚式ならブランシュメゾン

〒 064-0942 札幌市中央区伏見1-4-30 電話:011−522−5353 水曜定休

 

 


  • ブライダルフェア
  • レストラン
  • スタッフ募集

〒 064-0942
札幌市中央区伏見1-4-30

お問い合わせ

ブライダル受付時間:11:00~20:00

ブライダル:毎週水曜定休(祝日は営業)・レストラン:毎週火・木曜日の営業